プロフィール

屋代島海域公園

Author:屋代島海域公園
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

「アベマキの森」整備作業

10月20日(金)山口県周防大島町地家室

「アワサンゴを育むアベマキの森」の整備作業を行いました。

PA206758.jpg

初めは少し雨が残っていましたが、久しぶりの涼しさに作業がはかどりました。

アベマキの森2
海域から見たアベマキの森

PA046348.jpg
アベマキの森から見た地家室海域公園

看板



スポンサーサイト

竹退治【アワサンゴを育むアベマキの森】

10月15日(日) 山口県周防大島町地家室

アワサンゴを育むアベマキの森を整備するための竹退治を10月20日行います。

10月竹退治

ボランティアを募集していますのでお願いします。

看板
アベマキの森の看板

アワサンゴ産卵期終盤に

10月8日(日) 山口県周防大島町

ニホンアワサンゴ群落【地家室海域公園】

周防大島ニホンアワサンゴ地家室群落の産卵が終盤を迎えています。

9月9日
9月9日の幼生保有の画像

9月9日にこんなにいっぱいの幼生を保有していたアワサンゴが10月8日にはほとんど見られなくなりました。

10月8日2
10月8日の画像

水温が23℃と低くなって、群落全体のアワサンゴに元気が出てきましたが、今だ高温のストレスの影響が残っているアワサンゴも見られます。

9月22日
9月22日の状況

10月8日
10月8日の状況

また、群落の海底には今年着生した幼生が小さな触手を広げています。

PA080055.jpg
海底に着生した幼生

群落に今夏の高水温の影響がどのように表れるか要観察です。

※ニホンアワサンゴの調査・保全に本格手打ち「克本店」さんから支援金をいただいています

克本店




アワサンゴを育むアベマキの森

10月4日(水)山口県周防大島町地家室

アワサンゴを育むアベマキの森の竹林整備を行いました。

アベマキの森

PA046322.jpg

PA046327.jpg

PA046325.jpg

このアベマキの森の側に地家室の明神様があり、ここにお参りすると海の安全のご利益があります。

ここの恵比寿様はアワサンゴが生息する白髪磯をいつも見守っておられます。

PA046359.jpg
白髪磯と恵比寿様

※ニホンアワサンゴの調査・保全に本格手打ち「克本店」さんから支援金をいただいています

克本店







幼生の保有と浮遊が同時に観察できる時期

10月1日(日) 山口県周防大島町小水無瀬島

小水無瀬島ニホンアワサンゴ群落  

水温24℃ 水深8m

一年でニホンアワサンゴが幼生を体内に保有している状態とそれが水中に放出されて浮遊している状態が同時に観察できる時期がやってきました。

幼生保有・浮遊

ニホンアワサンゴは体内に宿した幼生を2~3週間育てたのちに、体外に放出します。

体内に宿している幼生はポリプの中を移動するだけですが、体外に放出された幼生は海中を自由に漂っています。

上記の静止画像と下記の動画は同じ状況を撮影したので比較してご覧になるとそれが分かると思います。

【動画】アワサンゴ繁殖期の水中の様子

幼生はピントが合うと丸い肌色の形がはっきりとしますが、白く形がはっきりしないのはマリンスノーと呼ばれる浮遊物です。


| ホーム |


 ホーム  » 次のページ